4つの薄毛治療を一つにした東京ロイヤルクリニックのHARG(ハーグ)コンビネーション療法

AGAを治療するために必要な四つの要因

単純に薄毛治療と言っても、AGAで薄毛となる原因には複数の要因が複雑に絡み合ってます。

たとえ最新のHARG療法であってもそれらの要因全てを改善することは不可能です。

そうなると一つの治療法では効果がある患者と効果が出ない患者が発生してしまうことは避けられません。

そこで東京ロイヤルクリニックが用意した薄毛治療コースが東京ロイヤルクリニックのHARG(ハーグ)コンビネーション療法であり、前述の複数の要因全てに対応できる四つの治療法をセットにしたAGA治療コースです。

頭髪を支える土台となる頭皮の血行を改善する頭皮ケア、そして毛包を男性ホルモンで萎縮させない脱毛抑制、萎縮してしまった毛包を活性化させる発毛、そして頭髪の成長を促す育毛の四つの効果がこの治療コースに纏めて含まれています。

四つの治療法を纏めて確実性を高める

このHARGコンビネーション療法は、まずHARG注射と頭皮プラセンタ注射によって発毛を促し、更にプロペシアを処方することで抜け毛を防ぎます。

そして育毛ローションによって育毛効果を、亜炉ビックスで頭皮の血行改善を行う頭皮ケアを行います。

この四つの治療法をセットにすることで、どんな原因で発症したAGAや薄毛でも確実に治療する事がこのHARGコンビネーション療法の狙いです。

局所と前頭部を選択できる治療コース

このHARGコンビネーション療法はHARG注射に限っては、一部の薄毛の部分にのみ注射する局所HARG注射と、前頭部に効果を及ぼす2本のHARG注射を選択することができるようになっています。

単にHARG注射の本数のみが異なるのみですが、この注射を一月に数回行う必要があるため、六ヶ月セットとなると最終的に数万の治療費の差が生じることになるのです。

最新記事